運行管理者とは?

運行管理者は、運送業に欠かせない存在です!!

運行管理者は、国土交通省が認定する国家資格で貨物自動車の安全運行を管理するスペシャリストです。
一定の数以上の貨物自動車を有している営業所ごとに、一定の人数以上の運行管理者を配置することが義務付けられています。

運行管理者の業務

・貨物自動車の運転者の乗務割の作成
・休憩、睡眠施設の保守管理
・運転者の指導監督
・点呼による運転者の疲労、健康状態等の把握や安全運行の指示
など、貨物自動車の運行の安全を確保するための業務を行います。

運行管理者になる方法…2通りあります。

①運行管理者試験に合格する。
〔受験資格〕
・運行の管理に関し1年以上の実務経験を有する者
・国土交通大臣から認定された講習実施機関が行う基礎講習を受講した者
のいずれかが必要です。

②貨物自動車の運行の安全確保に関する業務について一定の実務経験その他の要件を備える。
・貨物自動車運送事業の事業用自動車の運行管理に関し5年以上の実務経験を有し、その間に運行管理に関する次の講習を受講していること。
・自動車事故対策機構が行う基礎講習及び一般講習を受講し、5回以上の講習のうち、少なくとも1回は基礎講習を受講している必要があります。

※②の実務経験よりも①の試験合格の方が主流です。

運行管理者になるメリット

・運転手からの配置転換に有利。
・昇進、昇給の可能性あり。
・就職、転職に有利。
・定年後の就業にも向いている。